ホーライの治験の活性化!お奨めビジネス書とビジネススキル


by horai01
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

論理力を鍛えるトレーニングブック

本書は、グロービス・マネジメント・スクールの講師の手による論理力のトレーニング本である。
論理の力を鍛える演習本は多数あるが、本書はビジネススキルの向上に焦点が絞られた、より実戦向けのつくりになっている。


全体は、論理思考がもたらす仕事の効果や、論理思考を支える手法などを論じた理論編と、ビジネスパーソンが演習課題を実際に解き、それを著者が講評する実践編の2部で構成されている。


理論編では、「帰納法」「演繹法」「MECE(モレなくダブリなく)」「ピラミッドストラクチャ」の4つの「思考のツール」と、それを使いこなすための「So What?(それって何?)」「True?(ホント?)」などが紹介されている。

従来の論理学の概念にコンサルタントの手法を組み合わせている点がユニークで、またツールばかりを強調せず、普段使う疑問詞の役割を重視しているところには好感がもてる。



実践編の課題は、「確実に言えることを判断する」「会話をしながらイシューを押さえる」などの5テーマ計18問。

選択肢問題と論述形式の組み合わせで、1つの課題がじっくりと解き明かされている。

会議や会話でテーマや前提の把握が大切なのは言うまでもないが、それを「イシュー」という巧みな表現で照らし出すなど、新しい視点を与えてくれるのが注目である。



論理的に考えようとする態度を「屁理屈」「口だけで行動しない」というようなマイナスの評価でとらえることが、日本では普通だった。

ものを考えずに馬車馬のように行動する人が日本企業では評価されたものだが、時代はすっかり変わり、今やビジネスのヒーロー・ヒロインは、パソコンでスマートなプレゼンテーションを操り、多くの人を動かすことができる人になっている。


しかし、見た目のスマートさはパソコンが助けてくれても、提案そのもののスマートさは自分の脳でつくり上げるしかない。

そう思ってあれこれ頭を動かしてみるものの、気がつくと堂々巡りをしていたり、「これは完壁!」と思って提案してみると、鋭い指摘の一言でへこまされたり……。

そんな経験をした人の中から、気がつく人が現れ始めた。

「自分に不足しているのは<頭の使い方>だった!」

これが今、ビジネスパースンの間で論理思考が注目される理由だ。



本書は実際のビジネスパースンに演習を解いてもらい、それを筆者が講評する形で進む(第2部)。

あなたも「バーチャル受講生」といっしょに実際に課題に挑戦し、脳と手を動かし、演習に取り組んでほしい。

ビジネスの基礎体力となる論理思考を大幅に鍛えることができるに違いない。



【楽天】

論理力を鍛えるトレーニングブック



【アマゾン】

論理力を鍛えるトレーニングブック



【ビーケーワン】

論理力を鍛えるトレーニングブック



仕事の達人になる方法(サイト版)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)

極める!「ホーライ・ブックセンター」
[PR]
by horai01 | 2006-11-25 04:27 | ビジネス書