ホーライの治験の活性化!お奨めビジネス書とビジネススキル


by horai01
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『駆け出しマネジャー アレックス コーチングに燃える』

アレックス、生まれて始めて部下を持つ。
ところが…コミュニケーションに四苦八苦。
無駄な仕事が多い、上司の話を聞き流す、すぐに自信をなくす、会議ではメンバー同士がケンカ寸前…。

本書『駆け出しマネジャー アレックス コーチングに燃える』はそんな物語を通して、部下の能力をうまく引き出し、成果を最大化する目からウロコのコーチング術を解説している。


コーチングはここ数年、ひそかなブームとなっている。
ところが、現実に部下と相対すると、なかなかうまくいかない。

ひとくちに部下といっても、その特徴は人によってまちまち。


「すぐにうわの空になって、話を聞いていない」
「あれもこれもと手を出して、無駄な仕事が多い」
「ささいなことですぐに落ち込み、自信をなくす」
「相当な自信家で、上司の言うことなど馬耳東風」
「プライドだけは高い」「仕事は早いがミスも多い」……などなど。


タイプが違えば、コミュニケーション方法も当然違う。
だれにでも効く必殺のマニュアルなどはなく、一筋縄ではいかない。そこがコーチングの難しいところ。

単に「対話をする」「答えを言わずに相手から引き出す」などと言われてもそう簡単に実行に移せるものでもない。

その点、本書『駆け出しマネジャー アレックス コーチングに燃える』は「どんな場面でどのテクニックが必要となるのか」を、物語で示し、そのうえで解説を加えるというスタイルなので、より実践の場で使いやすいものとなっている。
「即席コーチング」「能力・意欲マトリックス」「フィードバック方法」「GROWアプローチ」などすぐに使えるテクニックも載っている。


ティーチングには限界があるが、コーチングには限界がないと思う。

駆け出しマネジャーアレックスコーチングに燃える


[PR]
by horai01 | 2007-01-09 05:34 | ビジネス書