ホーライの治験の活性化!お奨めビジネス書とビジネススキル


by horai01
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

たとえば2000年間で「最大の発明は?」という本もあるが、こんご100年間を大きく革新的に変える発明ってなんだろう?

既存のテクノロジーの延長に有るのか?
それとも、全く新しい発想が出てくるか?

なんだろう?

新薬開発で言うと、、、、、

1)万能細胞から、薬のスクリーニング用細胞を作る

2)自らが考える新薬開発システム(人工知能;AI)ができる

3)がん細胞全般にあるかもしれない特異的なレセプターが発見される

4)治験情報が「総合機構」によって全て開示される。(どこの製薬会社がどこの病院で、どんな治験をやっているかの全一覧表を公開)

5)ゲノムから全プロティンを特定し、全ての病気の原因が分かる

・・・こんなところかな?


ところで「2000年間で最大の発明は?」という本が有る。

ジョン ブロックマン (著), John Brockman (原著), 高橋 健次 (翻訳)
4794209363
詳細はここをクリック!
 ↓
2000年間で最大の発明は何か


テレビ、コンピューター、ジャンボ機、原爆…20世紀最大の発明を挙げるとしたら、恐らくこんなものが出てくるに違いない。


ところが意外や意外……

多かったのは印刷機だ。印刷技術が生まれなかったら、多くの人が同じ情報を共有できなかった。「知識の急速な普及は、グーテンベルクとともにはじまった」と米国の科学者、ガーニス・カーティスは指摘する。これに対し、「今後の2000年間に
わたって最も大きな影響を及ぼす」とコンピューターを挙げる意見もある。どちらも、世界を大きく変えた、情報伝達の手段だ。

このように、誰もが「なるほど」と思う回答だけでなく、読書用眼鏡、馬のあぶみ、消しゴムといった意外な指摘もある。その理由は読む時の楽しみに。

ちなみに「薬」関係で挙げられているのは「アスピリン」、「ピル」、「麻酔」、「20世紀後半の医療」というのがある。
[PR]
by horai01 | 2005-01-15 04:00 | 医療・科学ニュース

悪魔の辞典

新編 悪魔の辞典
アンブローズ ビアス Ambrose Bierce 西川 正身 / 岩波書店
ISBN : 4003231228
スコア選択: ※※※※

元祖、悪魔の辞典

なつかいいんだお。
[PR]
by horai01 | 2005-01-08 12:41 | 徒然なるままに
笑えるタイトルだが、内容は笑えない内容だ。

兵庫県警は7日、同僚女性へのセクハラを理由に男性の警部補2人を懲戒処分にした。

世界もルールも進歩しているが、それを教え込むのが大変だぞ。
[PR]
by horai01 | 2005-01-08 12:39 | 徒然なるままに