ホーライの治験の活性化!お奨めビジネス書とビジネススキル


by horai01
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブログの無い生活

産経新聞のサイトに無料でブログを作ることができるサービスが有る。
もちろん、僕はそこでも下らないことを書いている。
「健康、医療、科学系ブログ」
   ↓
http://horai01.iza.ne.jp/blog/


あの音楽チャートでお馴染みのオリコンでも、ブログのサービスが有り、もちろん、僕はそこでも書いている。
「音楽専科」
   ↓
http://blog.oricon.co.jp/horai2005/

ここまでくるとブログを作っていないことのほうがステータスシンボルになる。
[PR]
by horai01 | 2006-06-25 05:48 | 徒然なるままに

★今週のテーマは「開発プロジェクトとCROの決定方法」


有馬街道「さて、半期に一度の開発プロジェクトの見直しがやってきました。」

バカボン「現在、当社で進んでいる治験は『不眠症』がPh-1、『吸入式避妊薬』と『吸入式ED治療薬』がPh-2、『二日酔い治療薬』がPh-3、『前立腺がん治療薬』と抗リウマチ薬『DMARD』が導入検討中です。」(*この物語はフィクションです。)

小桑院「不眠症はどうなの?」

さくら「安全性についてはほぼ問題無い。現在までに発生した副作用は『ふらつき』、『口渇』、『食欲増進』で、いずれも軽度でした。」

博多小町「じゃ、これはPh-2へ進むのね。」

カルシファー「はい、そうです。」

かぐや姫「吸入式の避妊薬とED治療薬はどうかしら?」

百年の孤独「こちらも今のところ問題有りません。効果はいずれも高く、副作用も軽度のものばかりです。ただ・・・・・」

Atsu-4「ただ?」

百年の孤独「ただ、営業部から、この2つをセット販売できないかという意味不明の要望が出ています。」

Atsu-4「営業部って、たしか、デーモン部長が一人でやっている部署だったよね。」

百年の孤独「はい。」

まきろん「セット販売というかキット販売というか、その手の承認はセットにする合理的な理由が必要なんだけどな。」

フラワー「その合理的な理由を考えるといって、1週間前から山篭りしています。」

ヨ-イチ「はい、次、行きましょう。」




まひな「二日酔いの薬はどう?」

トトロ「こちらは間もなくデータ固定が終わります。キーオープンは8月上旬、年内には申請ができると思います。ただ、これもまた・・・・・・・。」

ゆーり「これもまたデーモン部長?」

みかん「ええ、二日酔いの薬を錠剤ではなく、ドリンク剤にできないかという要望が出ています。」

港野陽子「要は液剤にしたいということ?」

パピヨン750「なんでも、『飲む前に飲む。飲んだら飲む。飲まずに飲めるか。これが飲まずにいられるか』というキャッチコピーを是非、使いたいと。」

ぼつ「却下。」




のん「さて、問題は導入検討中の2つの治療薬候補です。」

薬師寺「前立腺亜がんの治験薬は海外でも効果が確認されつつあります。」(*この物語はフィクションです。)

ヨコタテ「問題は、当社は抗がん剤の治験経験がほとんど無いということ。」

織姫「そうね。もしこの抗がん剤の開発を進めていったら、モニターの確保が難しいわね。」

みたらし大福「ほとんど無理と言っていい。」

なつき「抗がん剤専門薬剤師をリクルートして、モニターにしたらどうでしょう?」

やまちゃん「まだ抗がん剤専門薬剤師が少ないから難しいと思うな。」

ゆみぴー「抗がん剤専門のCROに頼んでみますか?」

やなか爺「それも、今、調査を進めているところじゃ。」

翡翠「もし、将来的にも当社が抗がん剤を開発し続けるのなら、自前のモニターも確保したほうがいいと思うわ。」

ひで「モニターだけでなく、抗がん剤の開発ストラテジーを考えられる開発スタッフも育成する必要がある。」

くも「まずは、抗がん剤専門のCROに委託して、そのノウハウを学びつつ、自前のモニターや開発スタッフを育成するのがベストだと思うけど。」

ピクミン「ただ、問題はまだ抗がん剤専門に特化したCROが少ないということと、抗がん剤の開発経験のあるCROがそもそも少ない。」

ドンドン「そうなんだ。だから、現状ではCROに委託できるかどうかも現状では未知数だね。」

秘密研究員「可能性のあるCROは今、3社ほど、コンタクトを取っています。」

メタルナイト「モニターが無理なら、せめて、抗がん剤の開発コンサルティングだけも頼み、そのノウハウを蓄積しつつ、一般のCROモニターと当社のモニターを抗がん剤開発スペシャリストにしていく、というBATNA(交渉が決裂した場合の最善の策)も有る。」

よっきゅん「じゃ、抗がん剤のほうは、その線でいきましょう。」




ブライアン成田「抗リウマチ薬『DMARD』の導入はどう?」

ふじおねえ「こちらはPh-1までなら当社だけ行けるけれど、Ph-2まで進んだら、完全に人手不足になります。」

震電 「予想では当社のモニター以外に8人のCROモニターが必要になりそう。」

kaizer11「で、どうするの?」

プリンセス・オーロラ「今回は、初めての試みだけれども、8社のCROと契約し、それぞれのCROの中から、ベストメンバーを選んでもらうことにしました。」

しまうま「1つの試験を8社とやるの?!コントロールできるかな?」

デーさん「当社に専属でコントロールマネジャーを一人、置きます。」

ルーシー「コスト的にはどうなの?効率悪いんじゃないの?」

ルパン三世「そう思うでしょ?ところが試算してみると、意外とそうでもない。」

こさめ「まず、各CROが8人も一度に出せる、というのはなかなか無いのよ。それが一人だけ、というなら、まず問題無いの。」

スナフキン「コストは?」

くりこ「これも、各CROとも一人でも遊ばせておくモニターがいるよりも、仕事をやってもらいたい、という思惑が有るから、結構、コスト的にこちらに有利に運べるわ。」(*この物語はフィクションです。)

大黒「それに8社のコストをならしてみると、平均的なコストか、それ以下になる。」

社長秘書「じゃ、やっぱり一番の問題は、8社のモニターとうまくやっていけるかどうかね。」

るみ子の酒「コントロールマネジャーの腕しだいだわ。」

オチケン「いずれにしても、これからは、CRO専門のコントロールマネジャーがどこの製薬会社にも必要になってくるわけですね。」



*この物語はフィクションです。



◆架空の製薬会社『ホーライ製薬』

◆医薬品ができるまで
[PR]
by horai01 | 2006-06-24 21:04 | 治験
4月からずっと一週間おきに東京と大阪で新入社員のモニター導入研修をやっている。
先週は大阪で明日の月曜日から一週間は東京だ。

その隙を突いて、継続研修もやっているので、ぶっ続けで研修をやり通しだ。

それにしても、ここに来てどうやらようやく新入社員もモニターの新人としてさまになってきた。

僕もこれほど自分の持てる力とアイディアを振り絞った研修は初めてで、鍛えられているのは僕も同じだ。

僕もどうやら講師としてさまになってきたのかもしれない。

モニターや監査をやっていた頃の経験が生かせて嬉しくもある。
 
 
◆架空の製薬会社『ホーライ製薬』

◆医薬品ができるまで
[PR]
by horai01 | 2006-06-04 16:31 | 徒然なるままに

僕の幸福論、私の幸福論

道路にただ立っている。公園でずっと立ち止まっている。何も変わらない。

平坦な道を歩いている。坂も山も無い、平らな道を歩いている。何も起こらない。

走って水溜りを飛び越す。歩いて山の頂上まで行く。

水溜りを飛び越せたら、やった!だし、だめだったら、クソー!今度こそ!!となる。

山の頂上まで行けたら、達成感を味わえる。

急な坂道を登りきったら、下を見下ろすことができる。


何もないと幸福を感じない。 辛いことがあってこそ、幸福を感じることができる。

僕は幸福を味わうために転がり続ける。


◆架空の製薬会社『ホーライ製薬』

◆医薬品ができるまで
[PR]
by horai01 | 2006-06-04 12:36 | 徒然なるままに